東京のネオン街を映画『ブレードランナー』風に撮影した写真が話題に!夜の東京を切り取ったらSF感がすごかった!

東京のネオン街を映画『ブレードランナー』風に撮影した写真が話題に!夜の東京を切り取ったらSF感がすごかった!

今年の「2019年11月」は『ブレードランナー』の舞台でしたね!

映画『ブレードランナー』は、リドリー・スコット監督の名作。ハリソン・フォードが主人公のリック・デッカードを演じ、退廃的な近未来に生きる硬派な男の姿を見せてくれました。

『ブレードランナー』(原題:Blade Runner)は、1982年公開のSF映画。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としている。
21世紀初頭、遺伝子工学技術の進歩により、タイレル社はロボットに代わるレプリカントと呼ばれる人造人間を発明した。彼らは優れた体力に、創造した科学者と同等の高い知性を持っていた。

環境破壊により人類の大半は宇宙の植民地(オフワールド)に移住し、レプリカントは宇宙開拓の前線で過酷な奴隷労働や戦闘に従事していた。しかし、彼らには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻す事件が発生する。そのため、最新の「ネクサス6型」には、安全装置として4年の寿命年限が与えられたが、脱走し人間社会に紛れ込もうとするレプリカントが後を絶たなかった。彼らを判別し見つけ出した上で「解任(射殺)」する任務を負うのが、警察の専任捜査官「ブレードランナー」であった。

引用元:wikipedia

ブレードランナー ファイナル・カット <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) [Blu-ray]

ブレードランナー ファイナル・カット <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) [Blu-ray]

ハリソン・フォード, ルトガー・ハウアー, ショーン・ヤング, ダリル・ハンナ, ジョアンナ・キャシディ, エドワード・ジェームズ・オルモス
3,953円(01/18 14:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

そんな映画『ブレードランナー』風に撮影した東京のネオン街の厳選画像を25枚をお届けします。

『ブレードランナー』の中でも象徴的だとされているビルのデジタル広告やネオンサインは、現在の東南アジア等でも普及しきってもう目新しいものではなくなりました。

デジタル広告の画素数は年々上がり、非常に美しいものになっているものの、大枠で考えるとさほど変わりありません。

以上、東京のネオン街を映画『ブレードランナー』風に撮影した写真が話題に!をご紹介しました。

また、2019年を舞台にしたSF作品は、『ブレードランナー』だけではありません。日本のSFアニメーション作品『AKIRA』の舞台設定も2019年でした。

風景カテゴリの最新記事